肝機能が低下したときはどんな症状が出るの?

肝臓の働きが低下したときの症状について

肝機能低下の主な症状はなんだかだるい、なんとなく元気が出ないなどの疲労感などがあります。

主な原因に

・食べ過ぎ

・飲みすぎ

・ストレス

・睡眠不足

といった症状が挙げられます。

主に必要な成分を合成分解する肝臓本来の機能が上手く回っていないことが原因の一つです。良質の睡眠、食事制限をする、休肝日を設けるなど、肝臓に負担のない生活を送ることがこれらの症状を軽減させる対策法です。

黄疸

黄疸は、血中に黄色の色素をもつビリルビンが多くなることによって引き起こされる症状です。原因としては、ビリルビンが血中から胆汁に排出されない、もしくは、なんらかの原因でビリルビンの生成が過剰になっているという二つが考えられます。

ビリルビンが血中に増え続けることで、白目や皮膚を黄色く濁らせたり、肝機能低下時に最も多い症状で、自分でも比較的判断しやすいものになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする