肝臓を元気にしてくれる成分について

肝臓の働きを助ける成分について

オルニチン

オルニチンは肝臓の主な働きでもある解毒を助けてくれるアミノ酸の一種です。オルニチンを摂取することで弱った肝機能を改善し、二日酔いを軽減、だるおもな疲労感も一掃、アンモニア排出も正常に機能します。

しじみの主成分でもあるオルニチン。昔からしじみは二日酔いに効くと言いますが科学的にも実証されています。

亜鉛

亜鉛はエネルギー代謝の時にたんぱく質を合成する時に使われ、新しい細胞を生成する鍵となる栄養素の一つです。食べ物の栄養素としても有名ですが牡蠣にも多く含まれています。もちろん牡蠣も肝臓にいいとよく言われますよね。免疫力を高め、肝細胞の生成に力を発揮してくれます。

クエン酸

クエン酸はお酒などで血液の循環が滞った肝機能を修復し、血液サラサラにすることで本来の正常な肝臓へ導いてくれます。レモンや柑橘類に多く含まれています。二日酔いのムカムカした気分の時に無性に酸味のあるさっぱりした飲み物が欲しくなるのもなんだか理由がわかります。

クルクミン

クルクミンはカレーのスパイスなどに含まれる天然色素の一つです。ポリフェノールの一種でもあるクルクミンは肝臓で代謝をし、老廃物を排出し、解毒効果を強化するなど胆汁分泌も促進させるメリットもあります。肝機能の改善に一役買ってくれる栄養素の一つです。

タウリン

タウリンは肝臓に溜まった中性脂肪を排出し、肝臓本来の解毒作用を発揮し、弱った肝機能を強化してくれます。栄養ドリンクで盛んに紹介されていますが、脂肪肝を軽減させる効果があります。肝機能の改善のほかに動脈硬化や糖尿病の予防にも効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする